国際ソロプチミスト大分
国際ソロプチミスト大分
国際ソロプチミスト大分事務局へのお電話でのお問い合わせは097-536-6830まで
国際ソロプチミスト大分
国際ソロプチミスト大分

4月14、15日の南リジョン大会を終えて 会長 若杉順子

皆様にご協力いただきました、東日本災害義援金は北リジョンへ送付いたしました。

第25回日本南リジョン大会が無事成功裡に終わりました!昨年シーホークでのリジョン大会の閉会式で”海の幸山の幸豊の国のおもてなし”とアピールしてから、あっという間の1年でした。その間準備委員会実行委員会、役割責任者をはじめ会員に名様の心と力を合わせて準備を進めてまいりました。準備の過程では、少なからずハプニングもありましたが、全て”禍転じて福となす”を地で行く好結果をもたらし、大会当日を迎えました。ただ誰もが想像しえなかったこと、それは3月11日の東日本大震災でした。この未曾有の大震災により北リジョンではリジョン大会を取り止めざるをえなくなりました。南リジョンを含む他の日本4リジョンは開催することとし、私達は北リジョンの方々の分まで頑張って大会を成功させ、被災地の1日も早い復興を願い被災者方々へ勇気と希望をお届けしたいとの思いを強くしました。そうして迎えた大会当日は2日間ともお天気に恵まれ、ご来賓に大分県知事広瀬勝貞様、大分市長釘宮盤様、NHK大分局長早見英一様、連盟よりシャロンフイッシャー会長、田中田鶴子理事をお迎えし、開会前には日技師日本被災者の方々へ黙祷を行い、木下ガバナーの『皆で力を合わせて法師を続け、東日本大震災に遭われた北リジョンの方々を支えていきましょう』とのご挨拶、ご来賓の方々のお心のこもったご祝辞を皮切りに、万事順調に会は進められ、2日間の大会の幕が閉じられました。SI大分が「成功を祝うソロプチミスト賞」のメンバーシップ分野で、大会会場でサプライズ受賞したのは本当に驚きでした。出席されたソロプチミストの方々から、「オープニングの日本文理大のチアリーディングの若々しく高度な演技に勇気と元気を頂いた」「夕食会での樫の実少年少女合唱団のコーラスの清らかな歌声とマナーに感動しました。涙がでました。」SI大分の皆様のきびきび動く姿が良かった」「大分の海の幸山の幸を使ったお料理が美味しかった」等お褒めの言葉を頂戴しました。また大分の物産やお洒落な品物を販売したコーナーは、大変な盛況で、あちこちで”福沢諭吉さんの里帰り”がみられました。ご協力本当に感謝申し上げます。この物品販売の収益金を日本北リジョンへの義援金にさせていただきます。SI大分はこの大会のサポーティングクラブを勤めた事を契機にクラブの更なる発展、会員同士の協調を願って努力していきたいと思います。有難うございました。


2011年4月30日 | Filed under: 新着情報
このページの最上部へ戻る
  • 2019年4月
    « 9月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930